癒し・健康の総合専門校 東京療術学院

学部・学科紹介


東京療術学院は、さまざまな学部・学科をご用意し、受講希望者の目的に合ったコースを提供しています。施療技術の向上のみに固執していては、優秀な施療家になることは叶いません。さまざまな分野の知識を深めることが、クライアントとの信頼関係を築きます。
 

学部一覧

img 療術総合学部
img スポーツ学部
img リラクゼーション学部
img 整体・療術学部
img 心理学部
img 高等部
img 通信学部
コース選びのポイント
コース選びに迷ったら



 img 療術総合学部
次の学科よりお選びいただけます。
・総合医療学科
・統合運動学科
・療術特別学科
・療術学科
→ 詳細はコチラ


 img スポーツ学部
次の学科よりお選びいただけます。
・アドバンストレーナー学科
・トレーナー学科
→ 詳細はコチラ


 img リラクゼーション学部
次の学科よりお選びいただけます。
・女性総合学科
・リラクゼーション総合学科
・リラクゼーション学科
→ 詳細はコチラ


 img 整体・療術学部
次の学科よりお選びいただけます。
・整体学科
・アクティブシニア学科
・フレッシャーズ学科
・有資格者学科
→ 詳細はコチラ


 img 心理学部
次の学科よりお選びいただけます。
・マインド・ボディ・セラピスト学科
・心理療術師学科
→ 詳細はコチラ


 img 高等部
次の学科よりお選びいただけます。
・メディカル総合学科
・パーソナルトレーナー総合学科
・セラピスト総合学科
・カウンセラー総合学科
・マンツーマンスタディ学科
→ 詳細はコチラ


 img 通信学部
次の学科よりお選びいただけます。
・整体通信学科
・東洋医学・気功セラピスト養成学科
・薬膳通信学科
・リフレクソロジー学科
→ 詳細はコチラ



コース選びのポイント


 img 生涯学び続けていく職業

クリニック・施療院・サロン・スパ・スポーツジムなどに来るクライアントなどは、人それぞれ異なる理由で訪れます。一人一人を満足させるためには、生涯に渡り勉強をし続けなければならないだけの奥深さが人の心と身体にはあるのです。 だから短期間ではなく、当学院独自のリピート制度を利用して自分のペースで知識・技術をしっかり修得する必要があります。

 img 療術を学ぶ意義とは

多くの手技を修得することで、心と身体へより多角的にアプローチすることを可能にし、クライアントにより豊かな【治・癒・美】のバリエーションを提供することが可能になります。様々なクライアントのニーズに応えるためには一つの手技で対応出来るとは限らず、手技のバリエーションとそれぞれの技術をより深めることは、現代人の健康事情が複雑化している以上、大変重要なことです。だから、コースを必要性に応じて自分で作り、総合力をつける必要があります。また、通学途中でのコース変更も可能です。

 img 求められる役割とは

求められるスキルとは、クライアントがその時々で必要としていることを的確に把握し、可能な限りそれらを提供することが出来ることです。的確にケア的手技 を応用して、最終的に肉体的・精神的開放、つまり心と身体が健やかで美しい状態まで調整していくことが求められている役割です。
だから対応出来るだけの幅広い知識・技術を在学中も卒業後も学べる環境が必要なのです。
 

コース選びに迷ったら?


コース選びに迷ったら、いつでも担当のスクールカウンセラーが無料で適正診断とコース選択をお手伝いします。

 img 資料をお取り寄せください

各コースの詳細や費用、講師の紹介などの資料をお送りさせて頂きます。

資料請求する

 img お電話にてご相談ください

「どのコースを選べばよいかわからない」「コースの見方がわからない」など、このお仕事を将来してみたいけれども、どうやって学校を選んだらよいかもわからないという方のために、簡単な電話相談(カウンセリング)をおこなっております。
また、業界についてのご質問「どんな業界なのかがわからないので、少し不安」「なんとなく興味はあるのだけれども…」など、どんな素朴な疑問でもかまいません。どうぞ 0120-017-146 へお電話ください。
「電話相談がしたい」旨をお伝えいただければ、専門スタッフが対応いたします。

 img いつでも見学自由です

東京療術学院では、オープンしている時間内でしたらいつでも見学ができます。ぜひ、将来のイメージをつかみにいらっしゃってください。実際の学院の雰囲気や講義の様子など、ご自身の目でお確かめ下さい。見学後は、個別相談も可能です。


見学相談申し込み
※一旦納入された入試選考料、学費は返金いたしません。但し、入学日までに入学を辞退される場合は、入試選考料及び入学金を除いた金額を返還いたします。


▲ページの先頭に戻る

 前のページに戻る
 
 TOPページへ戻る


(c)2011 Tokyo Ryojutsu School